シュリンクトンネルの使い方 |包装資材のfinepack

シュリンクトンネル・使い方のご紹介

シュリンクトンネルの基本情報

  • ・品番:FV-101
  • ・対応可能サイズ 縦置:高さ20〜130mm、直径Φ85mmまで。横置:直径Φ66mmまで
  • ・簡単に、誰でも、同じ品質でシュリンク包装が可能
  • ・1回の手作業が100個を超えたら、格段に作業効率UP

シュリンクトンネルの使い方動画

その1 シュリンク包装の準備

シュリンク袋と包装物の決定

まずは、シュリンク包装するものとシュリンク袋を用意しましょう。

シュリンク袋は弊社で規格品やオーダーメイドでの取扱がございます。まだシュリンク袋が手元にないという方は、製品ページからお気軽にお問い合わせください。規格品のサンプルもご用意しております。

今回は規格品のシュリンク袋(品番:B-2)とペットボトルを用意しました。

その2 シュリンク包装の準備

シュリンク袋のサイズ

フィルムが収縮することを想定して、包装物よりやや大きいサイズのシュリンクフィルムを用意します。

シュリンク袋がペットボトルよりも長かったため、カットしました。

シュリンク袋に内容物を入れ、準備完了です。

その3 シュリンク工程

シュリンクトンネルを使ったシュリンク

シュリンクトンネルの設定をしていきましょう。
設定することは、大きく分けて2つあります。

1つ目は、ヒーターユニット(ドライヤー)の調整です。 シュリンクしたい製品の直径によって、ヒーターユニットの位置や角度を設定します。目安値は取扱説明書に記載がございます。

また、風向き調節機構を調整し、適切な風向きやエアー量に設定します。

2つ目は、ベルトコンベアのスピードです。 コンベアの動くスピードがLOW〜HIGHと10段階あり、こちらも説明書にスピード目安が記載されておりますので、それに合わせてダイヤルを回します。

設定が済んだら、シュリンクトンネルのスイッチをHOTにして、ヒートアップさせます。10分程度で熱くなるので、シュリンク包装可能になります。

デモ機の貸し出しも可能ですので、ご希望の方は以下のお問合せからお気軽にご依頼下さい。

お問い合わせ

シュリンクトンネルのご依頼は:
お電話でのお問い合わせは:
(平日:9:00〜12:00、 13:00〜17:00)