ポリ袋の印刷・着色について

ポリ袋の印刷について

グラビア印刷について

ポリエチレン袋(ポリ袋)へ印刷を行う際は、「グラビア印刷」を行っています。
高精度な写真やカラフルな色彩の表現が得意な印刷手法です。


印刷工程について

ポリ袋へ印刷する際の工程をご紹介します。

印刷は袋形状に加工する前の、フィルムの状態で印刷を行い、その後指定の大きさで袋に加工致します。

また、ポリ袋のフィルムは通常はインクを弾く性質があるので、印刷する場合には、
フィルムを製造する時点で、印刷用の表面処理を行う必要があります。
この表面処理を行うことによって、ポリフィルムのインク弾きを抑え、インクの定着を良くします。


印刷色について

単色刷りからフルカラー印刷まで対応可能ですが、色が増えるごとに印刷費・製版代が
増えていきますので、ご予算との兼ね合いで色の数を決定されることをお勧めします。

ポリ袋は元々「透明フィルム」である為、普通に印刷すると印刷した色が透けます。
中に入れる製品の色を考えて印刷色を設定しないと、せっかくの印刷がパッと見よくわからない、という
事態になってしまうので、ご注意下さい。

対策としては、希望の印刷色と下地用の白色の2色印刷にする(同じ柄で白を印刷した上に希望色で印刷)か、
袋に白色やその他乳白混じりの色を着色する方法があります。


印刷版について

印刷をする際は、印刷デザインを掘った鉄製の「版」を色数分製造しますので、
袋へ印刷希望の場合は、袋と印刷コストに加えて初期費用として「製版代」が発生します。

版のサイズはポリ袋のサイズや印刷ピッチ(印刷と印刷の間の距離)によって変わり、
版のサイズが大きくなるほど製版費用は高くなります。

カラー印刷(写真印刷)の場合は、「CMYKの4色分プラス下地の白(袋が透明である為)」の
合計5版となります。(カラー用の版は、単色印刷用の版よりも価格が高いです)
袋自体に白色の着色をしている場合は、CMYKの4版となります。


印刷についてよく頂くご質問

規格品に印刷できますか?

印刷が出来るのはオーダーメイド品のみです

ポリ袋の印刷は先述の通り、袋の状態に加工する前のロール巻原反に印刷をします。
その為、既に袋になってしまっている製品に後から印刷することは出来ません。

サンプルは作れますか?

残念ながら印刷品のサンプルはご用意出来ません

サンプルを作るにも、最低ロットの原反(3000M以上)を用意し、本番と同様の
印刷版を作成する必要がある為、普通にご注文頂く合計金額とほぼ同じだけの
費用がかかってしまうからです。「青焼き」と呼ばれる、デザイン確認用のデータにて
仕上がりデザインや位置のご確認を頂いております。

デザインの作成もお願いできますか?

簡単な図形・文字の配置であれば低価格で承ります

袋のどの位置にどういう文字を配置するか、というご指定を頂き、
その通りの印刷用データを作成することは可能です。
専門のデザイナーによるデザイン作成をご希望の場合は、ご相談下さい。

ポリ袋の着色について

フィルムへの着色について

ポリエチレン袋(ポリ袋)には着色が可能です。ポリ袋の原料となるポリエチレンチューブを
製造する際に、指定色の顔料を一定量添加することで着色フィルムを作ります。


着色する色の種類

色については、細かいご指定を頂くことが可能です。
色見本帳をお送りさせて頂き、お好きな色をお選びいただけます。(※見本帳は要返却です)

細かいこだわりがない、「赤色なら何でも良い」というような場合には、弊社の方で
一番小ロット・安価になる指定色を確認し、ご提案させて頂きます。


色によって値段が違う…!?

実は、色によって価格が異なります。
原料のポリエチレン自体の価格や加工の価格は変わらないのですが、色を付けるために使用する
着色用の“顔料”が色によって異なる為です。

その他、最低ロットが異なる場合もある為、着色をご希望のお客様については
細かくヒアリングさせて頂き、一番ご希望に近いものをご提案させて頂きますので、ご相談ください。


お問い合わせ

オーダーメイドのご依頼・ご相談は:
お電話でのお問い合わせは:
(平日:9:00〜12:00、 13:00〜17:00)