PP袋(ポリプロピレン袋)について

透明度が高い素材、それがポリプロピレンです。PPは製法により大きく3種類に分けられます。

ポリエチレン製品 取り扱い製品一覧

OPP平袋

OPP平袋

  • 高透明
  • 規格品
  • 汎用の平袋
  • オーダーメイド可能
製品ページへ移動
OPPテープ付袋

OPPテープ付袋

  • 高透明
  • 規格品
  • 簡単に密閉できるテープ付
  • オーダーメイド可能
製品ページへ移動
OPPヘッダー付袋

OPPヘッダー付袋

  • 高透明
  • 規格品
  • 吊り下げ用のヘッダー付
  • 簡単に密閉できるテープ付
製品ページへ移動
開封確認OPPテープ付袋

開封確認OPPテープ付袋

  • 高透明
  • オーダーメイド専用品
  • 簡単に密閉できるテープ付
  • 開封で文字が浮かび上がる
製品ページへ移動
IPP平袋

IPP平袋

  • 安価な高透明袋
  • オーダーメイド専用品
  • PE袋より透明度が欲しい場合におすすめ
製品ページへ移動
クリーンPP袋

クリーンPP袋

  • 高透明袋
  • スリップ剤不使用でクリーン
  • オーダーメイド専用品
  • 廉価版クリーンルーム用袋
製品ページへ移動

PPの特徴、素材について

PP(ポリプロピレン)について

ポリプロピレンは製膜方法別に、大きく「無延伸フィルム」と「延伸フィルム」に分かれます。
その製法によって、PPは3種類に分かれます。

  • OPP:オリエンテッドポリプロピレン(延伸ポリプロピレン)
  • CPP:キャストポリプロピレン(無延伸ポリプロピレン・Tダイ成形)
  • IPP:インフレーションポリプロピレン(無延伸ポリプロピレン・サーキュラーダイ成形)

それぞれ、製法の頭文字を取り"O"PP、"C"PP、"I"PP、と呼ばれます。

DMが入っている透明封筒や、花束を包んだ時の外装、プレゼントのラッピング等に
使用されているフィルムがOPP。
雑貨などを包装しているテープ付きの袋等に使用されているフィルムがCPP。
パンなどの包装に使用されているフィルムがIPP、という場合が多いです。
(※あくまで目安です。別の材質を使用している場合も御座いますのでご注意下さい)

OPPは硬く、CPPは柔らかい特性があり、用途によってOPPとCPPを使い分けます。
OPP、CPPともラミネートやコーティングしやすい特性があるため、食品用にガスバリヤ性能を
持たせて脱酸素財や乾燥剤とともに包装したり、OPPフィルムにアルミ蒸着を施すことによって
乾物やお菓子の包装に用いられます。

IPP(インフレーションポリプロピレン)について

PE(ポリエチレン)のインフレーション製法とは異なり、フィルムを冷やす工程が水冷式と
なっています。PEと比べて透明性が良く、底シールだけで袋ができる為、非常に便利です。

厚さの制度が出にくいため、極端に「薄いフィルム」や「厚いフィルム」は製造することが
出来ません。強度を出したい場合は、IPPではなくPEが選ばれます。
(PEは厚さ0.02〜0.2mmまで製造できるのに対し、PPは0.03〜0.1mmです)

OPP(オリエンテッドポリプロピレン)について

製造時にフィルムを延伸(引き延ばす工程)している為、他のフィルムに比べて
引張強度、衝撃強さ、引張弾性率が大きいです。

吸湿性がほぼ無いので、高湿度環境下でも安定した物性を発揮します。

透明性、光沢はPPの中でもOPPが特に優れています。

バリア性を改良するためにポリ塩化ビニリデンをコーティングしたもの(KOP)や、
他のフィルムと貼り合わせて使用される場合もあります。

130℃以上の耐熱性がありヒートシールが難しい為、ヒートシールを想定している場合は
PEやCPPと貼りあわせたり、シール予定部分に特別な処理を行ったりします。

CPP(キャストポリプロピレン)について

CPPの主用途はパン包装や衣類包装です。OPPに比べてヒートシール性が良い為、
OPPと貼りあわせてOP/CPフィルムとして使用されている場合もあります。

引張強度や引張弾性率はPEフィルムよりは大きいですが、OPPよりは小さいです。
低温状態を苦手とするため、寒冷地で使用する場合は注意が必要です。

お問い合わせ

お問合せはこちら:
お問合せ
お電話でのお問い合わせは:
0778-23-7733
(平日:9:00〜12:00、 13:00〜17:00)