• カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)
  • カンガルーバック(自動包装機対応)

カンガルーバック(自動包装機対応)

自動包装機対応のミシン目入りの連続袋。極小部品の計数計量包装が必要な場合におすすめ。

  • 材質:ポリエチレン(LDPE)
  • 色:ナチュラル(少し濁った透明)
  • 梱包:ケース入れ
  • 特徴:自動計数計量包装機 対応
  • 納期:4週間程度
  • 送料無料
  • RoHS・REACH対応
  • SDS提出可
  • 食品衛生法適合
  • 日本国産品
  • オーダーメイド専用

自動包装機対応のミシン目入りの連続袋。極小部品の計数計量包装が必要な場合におすすめ。

  • 材質:ポリエチレン(LDPE)
  • 色:ナチュラル(少し濁った透明)
  • 梱包:ケース入れ
  • 特徴:自動計数計量包装機 対応
  • 納期:4週間程度
  • 送料無料
  • RoHS・REACH対応
  • SDS提出可
  • 食品衛生法適合
  • 日本国産品
  • オーダーメイド専用

オーダーメイド品

カンガルーバックについて
カンガルーバックは、袋一枚一枚の表面は開封されていますが、裏面はミシン目で上下の袋とつながっており、それをくるくると紙管に巻きつけたロール巻の構造になっています。
カンガルーバックについて
ロールの巻方向について
カンガルーバックは、巻方向が「正巻」と「逆巻」の二種類あります。
どちらかお選び頂くことが出来ますが、「正巻」の方が加工しにくく製造コストが高い為
どちらでも良い場合は「逆巻」をお選び頂いた方がコストダウンとなりおすすめです。
ロールの巻方向について
フランジとキャップについて
カンガルーバックは、連続した袋を紙管に巻きつけた状態で納品します。
その為、巻きつけたものが外れてしまわないように、紙管の両サイドにフランジと呼ばれる
紙製の抑えを設置します。
キャップの種類について
金キャップと紙キャップについて
この抑えを固定するためにキャップを付けるのですが、
金製が1種類、紙製が2種類あり、お選び頂くことが出来ます。

1 → 金キャップ
2 → 紙キャップ
(どちらを選んでも価格は同じです)
キャップの種類について
素材低密度ポリエチレン(LDPE)
厚み0.05mm~0.08mm
60mm~200mm
長さ50mm~400mm
数量袋の長さ方向に3000M分※袋長さ300mmの場合、3000M÷0.3M(300mm)=約10,000枚
着色不可
印刷可能
追加性能静電気帯電防止機能アリorナシ
納期4週間程度(加工内容・時期によって変動)

製品詳細

製品説明

自動計数計量包装機とは、その名が示すとおり、袋に入れる数量を指定するだけで、
部品を数える作業、数えた部品を袋に入れる作業、袋を閉じる作業が 自動で行われるため、人件費面など、非常に低コストで包装できるという特徴を持つ機械です。

カンガルーバックは自動計数計量包装機用のポリ袋として開発された極めて高い合理性を持った製品で、主に、決まった数量で細かい部品等を自動的に包装する場合に非常に大きな効果をもたらします。

カンガルーバックはその構造の特徴から、常に開口した状態を保つことができます。
この特性があるので、包装時には、上方から簡単に製品を流し込むことができます。
開口した状態のポリ袋に製品を流し入れ、熱溶着で密閉した後、ミシン目から千切って完了します。自動計数計量機を使用すると、この作業を連続して自動に行うことが出来ます。

製品のカウント、計量、袋に製品を入れる作業、開口部を熱でシールする作業、
すなわち作業員4人分の仕事を自動的に行うのです。

この製品は、コンデンサなどの極小部品、クギ類、手が触れてはいけない採血管のような医療器具、錠剤などを包装する際に使用されています。 また、常に開口しているので、両手が自由なまま作業が行えるという長所があるので、手動の包装においても スピードアップによる生産性向上が図れます。

微小な製品(携帯電話用部品、精密機器など)の自動計数計量では特に大きな効果を発揮しています。

追加加工 (有料)

  • 袋への印刷OK
  • 袋への着色NG

環境調査関連情報

  • RoHS指令対応
  • REACH規制対応
  • ICPデータ有
  • SDS資料有
  • 該非判定書
  • GADSL対応
  • 指定物質の不使用調査対応

お客様の声

  • 患者さん向けの薬の小分けに使用しています。自動包装機を持っていないので、手巻きで使用していますが、以前よりも手間削減されています。有償試作に対応していただけたので、安心して購入できました。
  • 採血管の包装に使用しております。手が触れてはいけない医療器具のため、自動包装化することで、問題解決することができました。