クリーン袋の特徴について

    CLEAN BAG

    目次

      クリーン袋の特徴

      • クリーンルームでの製造のため、発塵や異物が少ない
      • クリーンルームへの持ち込みや使用が可能

      クリーンルームのクラスとは

      清浄度は、クラス〇〇で表すことが多く、アメリカ連邦規格Fed. Std. 209Dで定められており、空気1ft3(立方フィート)中に、粒子径0.5μm(ミクロン)以上の粒子が、いくつあるのかを示した度合いです。
      クラス100とはこの粒子数が1ft3あたり100個以下であることを示しております。

      通常の製造環境を「一般環境」というのに対し、クリーンルームは「クラス100,000」や「クラス100」と表し、数字が小さいほどクリーンな環境という意味になります。

      また、他にもクリーンさを表す規格としてJISやISOもあります。

      包装資材の選び方

      この袋の用途例としましては、半導体部品・電子デバイス等の包装、医薬品メーカー向けの薬品保管用や包装用、各原料製造業の主原料のパウダー保管、部品洗浄後の包装、クリーンウェア、クロス等のクリーンルーム関連製品の包装などがございます。用途に合った包装資材からお問合せくださいませ。

      商品小ロット製膜環境製袋環境内面
      クリーンポリ袋一般クリーンブース
      クラス1,000
      半永久帯電防止クリーンポリ袋一般クリーンブース
      クラス1,000
      クリーンナイロンポリ袋一般クリーンブース
      クラス1,000
      クリーンルーム用帯電防止ポリ袋一般クリーンブース
      クラス1,000
      半永久帯電防止ナイロンクリーンポリ袋一般クリーンブース
      クラス1,000
      角底袋(オーダー)クラス100,000クラス100,000

      表を見ても決められない方は・・・

      添加剤不使用のポリ袋→クリーンポリ袋
      粉末や精密機器の包装なら→半永久帯電防止クリーンポリ袋
      真空包装対応なら→クリーンナイロンポリ袋
      小ロットの規格品あり→クリーンルーム用帯電防止ポリ袋
      帯電防止かつ真空包装対応→半永久帯電防止ナイロンクリーンポリ袋
      カバーの用途に→角底袋(オーダー)

      クリーンルーム対応袋の注意点

      クラス管理されている袋は、汎用の袋と比べ高価となります。
      お客様に適切な清浄度クラスでの仕様でご提案いたしますので、お問い合わせの際には、求められる清浄度クラスやご使用の環境、内容物や梱包形態等をあわせてお問い合わせ頂けますと幸いです。

      製品を探すSEARCH

      業界から探す

      条件から探す

      絞り込み条件をクリア

      絞り込み条件:

      ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。