ナイロンポリ袋の特徴について

    NYPE BAG

    目次

      ナイロンポリ袋の特徴

      • 酸素を通しにくい(酸化させにくい)
      • 真空包装(脱気包装)可能
      • 耐熱性がある
      • 冷凍可能

      ナイロンポリについて

      ナイロンポリ袋とは、外層にナイロン(NY)、最内層にポリエチレン(PE)で構成されているフィルムのことです。ナイロンとポリエチレンの構成により、真空包装やボイルなどが対応可能になります。

      ナイロンは、酸素バリア性や耐衝撃性に優れております。ナイロン単体では耐熱性が高いため、ヒートシールでは袋に加工することが出来ません。

      そのため、最内層にシール性が良いポリエチレン層があることで、内面のポリエチレンが溶着し、袋に加工することができます。

      三方シール袋と底シール袋の違いは?

      ナイロンポリ袋は袋の形状が「三方シール袋」と「底シール袋」の2種類あります。

      三方シール

      袋の三方がシールされています。
      食品業界で多く使用されており、陳列時に見栄えが良いです。内容物が熱い場合に、サイドシール部を持つことで熱さを抑えることができます。

      XSシリーズNHPシリーズ

      底シール

      袋の底がシールされており、ボトムシールとも言います。
      手詰めの際に、開口部を折り返して充填することで、密閉する際にシール部に内容物が付着しにくくなります。

      → SEシリーズ

      製造方法によって特徴が違う?

      ナイロンポリの主な製造方法は3つあり、共押出し、ドライラミネート、押出ラミネートです。それぞれ、製品特徴が異なりますので、用途に合わせてご検討下さい。

      共押出し

      原料の樹脂を積層し、押出すことでチューブ状に製膜する製法です。
      構成例:NY/接/NY/接/PE

      XSシリーズSEシリーズ

      特徴

      ラミネートと比べ、透明性が高い。
      フィルムに柔軟性やノビがあるので、内容物に沿ってぴったりきれいに脱気包装ができる。

      注意点

      開口部がカールするため、自動充填機には不向き。
      内容物に魚の骨など鋭利な部分がある場合、ピンホールの可能性がある。

      ドライラミネート(DL)

      接着材で異なるフィルムシートを貼り合わせる方法です。
      構成例:ONY25/DL/LLDPE130

      TPシリーズ

      特徴

      耐熱性や接着強度に優れるため、ボイル・レトルト用途や重量物などの高い接着性能が求められる場合におすすめ。
      開口部がカールしにくいため、自動充填機向き。

      注意点

      フィルムのコシが強く固めのため、脱気包装時にフィルムにシワができやすい。

      押出ラミネート

      溶かしたポリエチレン樹脂を基材フィルムに圧着する方法です。
      構成例:ONY15/押出/LLDPE70

      NHPシリーズSPNシリーズ

      特徴

      ドライラミネートと比べ柔軟性がある。

      注意点

      接着強度はドライラミネートと比べ弱いため、軽量包装向き。

      ナイロンポリ袋が使われる用途例

      関連製品

      一覧を見る

      製品を探すSEARCH

      業界から探す

      条件から探す

      絞り込み条件をクリア

      絞り込み条件:

      ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。