カテゴリ

品質管理とポリ袋

2021.07.20

現在の読者数・18,168人
ご愛読ありがとうございます!

品質管理とポリ袋

今回ご紹介するのは食品容器製造の
R社様の事例です。

R社様の製品は食品用ということもあり、
高い品質管理が必要となります。

当社とお取引を開始させて頂いた
背景にも、品質の安定が最も重要との
ことでした。

検討頂いたのは、高密度ポリエチレン
(通称:ハイデンポリエチレン)
なのですが、まずは、そもそもの
製造環境の衛生面から評価が始まります。

実は、ポリエチレンフィルム業界の
歴史は古く、企業によっては、
昭和時代の製造設備を、
今でもそのまま使っているような場合もあり、
食品用途としては、衛生面で少し危険、
ということもあるのです。

R社様の場合には、実際に弊社の製造設備を
見学頂き、検査器具や検査体制を実際に
確認頂きました。

とりわけ、クリーンルームで製造している点、
検査器具が充実している点、万が一の場合に、
トレーサビリティが確保できる点などについて、
ご安心頂けたということで採用となりました。

品質管理については、各企業様毎に
ご対応致しておりますので、
特別な案件などについてもご相談ください。

お問い合わせはこちらへどうぞ

東京支社の採用について

コロナ禍で、従来から行っていた
フォロー訪問がなかなか難しくなりました。

その結果、一時的に東京支社の
常駐を停止していたのですが、
通信機器などを充実させたことにより、
東京支社の業務を再開しております。

東京支社の新卒採用についても
再開しております。

採用に関するページはこちら

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー

「マジックインキ(筆記用具)」について

1953年4月に発売にこぎつけたが、
筆記具業界に革命を起こす意気込みで
発売したところ、

今度は余りに革新的過ぎて
消費者に理解されず、キャップを
開けっ放しにしてインクを乾かして
しまうトラブルからクレームになった

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら

▼編集後記

いよいよ東京オリンピックが
始まりますね。

東京都のコロナ感染者の話題が
テレビでしきりに放送されていますが、

福井という地方在住者にとっては
「東京の話は自分には関係ないな」
と、まるで関心がありません。

渋谷のスクランブル交差点の人出も
新宿の路上飲みも、福井の者には
どうでもよく、地方在住者にとっては、
今や一都三県は外国同然です。

というわけで、もう東京のコロナの
報道はお腹一杯です。

しかし、東京オリンピックは違います。
日本人選手を力いっぱい応援します。

スポーツが不要不急と言われ、
昨年はインターハイや甲子園などが
中止されました。

スポーツをする子どもたちの権利が
奪われた二年間でした。

この夏も名門福井商野球部は、
コロナ感染のために出場辞退。

いったい、誰を守るために?

MLBの大谷選手の活躍を見て、
毎朝「また大谷が打った!!」
と驚いています。

大谷選手の活躍に、人間の可能性に、
毎朝感動しています。

スポーツは人間にとって必要不可欠です。

製品を探すSEARCH

業界から探す

条件から探す

絞り込み条件をクリア

絞り込み条件:

ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。