カテゴリ

工事現場で石や砂を入れて使えるビニール袋

2013.09.05

平成25年9月5日号 バックナンバー

☆9/5現在の読者数・7

工事現場で石や砂を入れて使えるビニール袋

kouji.jpg

今回ご紹介する成功事例は建設業のP社様です。

P社様は主に住宅などを建設していらっしゃいます。建設工事の現場では、常に不要な土砂類が発生したり、廃棄物が発生したりしています。

通常は土嚢袋などを使用したりするのですが、雨が降った後の現場では、土砂も水分を含んでいるので、土嚢袋では水分が滴り落ちてしまいます。そこで、土嚢袋をさらにビニール袋に入れるという方法を採っていました。

この方法ですと、包装が面倒なうえ、ビニール袋が薄手の場合、ちょっとしたことで破れてしまうという問題がありました。

弊社からは厚さ0.2ミリという特別に厚手の袋をご提案させていただきました。実際に使用してみた感想として「この厚さがあれば簡単には破れないですね」とのことでした。

現在は、土嚢袋も使用せず、直接ビニール袋に水分を含んだ不要物を入れていらっしゃるとのことです。

アルミフィルムを使用した製品のご紹介

◇「いつか使える」情報のコーナー

ボラカイ島(フィリピン)について

フィリピン有数の観光地・リゾート地で、2012年には、アメリカの旅行雑誌『トラベル+レジャー』によって、世界最高の島と評価された。

※ウイキペディアより引用

▼編集後記

フィリピンのショッピングセンターでは日本食が大人気です。ただ、メニューがかなりいい加減で、日本人の知るそれではありません。こういったお店の多くは韓国系資本が多いようで、まだまだ日本の資本は入っていないようです。

そんな中、ラーメン一康流や山頭火など、日本のラーメン屋さんの進出が相次いでいます。どちらもかなりの人気で、行列ができています。リスクを取ってチャレンジする姿がいいですね。がんばってほしいです。

——–

製品を探すSEARCH

業界から探す

条件から探す

絞り込み条件をクリア

絞り込み条件:

ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。