カテゴリ

攪拌用のポリ袋

2021.09.05

現在の読者数・18,438人

攪拌用のポリ袋

一般的に、ポリ袋は「包装」のために
用いられることが多いのですが、

実は、工業用途では「包装以外の用途」でも
利用されることがあります。

その代表例は「攪拌(かくはん)」です。

一斗缶やペール缶、ドラム缶など、
サイズについては様々あるのですが、
これらの容器の内袋としてポリ袋を入れます。

そして、そのポリ袋の中に
溶剤やインク、化学薬品などを投入し、
袋の中で攪拌します。

この使用方法の最大の利点は、使用後に
容器を洗浄する必要がないことです。

(使用が終われば、その都度、ポリ袋は捨てられます)

洗浄しないことによって、水質や土壌の汚染を
予防することになり、近年SDGsやESGを経営に
取り入れる企業様にも用途が拡大しています。

なお、使用する際には、容器の長さより、
袋の長さを思い切って長くし、
容器から袋の口を大きくはみ出して
おくことが重要なポイントです。

お問い合わせはこちらへどうぞ

フィリピン事業所の現況について

ロックダウン状態が2年に至ろうとしている
フィリピン(世界最長と言われています)ですが、

コロナウイルス感染はまるで変化がなく、
毎日数千人~1.5万人程度の新規感染が
報告されています。

すでに長期間に渡り、医療崩壊しており、
病院に行っても診察してもらえないことも
あるようです。

ワクチンの接種も始まっているのですが、
フィリピン国民の間では、ワクチンを
信用しない向きもあり、あまり進展がありません。

ただ、製造業に対しては大きな規制がない
こともあり、当社フィリピン事業所は
通常稼働となっています。

お問い合わせはこちら

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー

「メンチカツ」について

「メンチ」の語源についてはっきりとした説は存在しない

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
 

▼編集後記

パラリンピックを見ていたら、
盲目の日本人陸上選手が、
走り幅飛びで入賞していました。

真っすぐ走れないと、
砂場ではないところに
着地する恐れがあり、
当然ケガをしてしまいます。

そこを飛べてしまう勇気に
感動しました。

製品を探すSEARCH

業界から探す

条件から探す

絞り込み条件をクリア

絞り込み条件:

ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。