カテゴリ

樹脂製品の値上がり

2021.09.20

現在の読者数・18,384人

樹脂製品の値上がり

プラスチック製品の
値上がりが目立ってきました。

6月、7月から各メーカーが
ウエブサイトで値上げを発表しており、

例えば、日本ポリエチレンの場合、
すでに2021年に入ってから3回目の値上げと
なっています。

・ポリエチレン(ポリ袋、レジ袋など)
・ポリプロピレン(冷凍食品などの包装など)
・ポリスチレン(カップ麺の容器など)

といった主要な素材は、軒並み
5%から10%程度、値段が上がっています。

理由は、原油高により、国産ナフサ価格が
高騰していることに加え、
需要も旺盛であることです。

コロナウイルスのワクチン接種が広まり、
経済活動も改善される見通しもあり、
樹脂製品の需要が伸びています。

お問い合わせはこちらへどうぞ

PBT5物質不使用調査書について

アメリカ向けの製品を包装するお客様が、
TSCA(有害物質規制法)に対応するために、

当社にPBT5物質不使用調査を依頼される
ことが増えております。

PBT5物質とは

・デカブロモジフェニルエーテル
・リン酸トリス(イソプロピルフェニル)
・2,4,6-トリ-tert-ブチルフェノール
・ヘキサクロロブタジエン
・ペンタクロロチオフェノール

これらの不使用調査など、
各環境資料の対応については、
随時お問合せください。

お問い合わせはこちら

++++++++++++++++++++++

◇「いつか使える」情報のコーナー

「フランチャイズ経営」について

世界初のフランチャイズは、
アメリカで誕生した
ケンタッキーフライドチキン

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら


▼編集後記

福井県はコロナ感染者が
増加したことを理由に、
県独自の緊急事態宣言を行って
いたのですが、ようやく
9月13日に解除されました。

全国的にもピークアウト
しているようですね。

製品を探すSEARCH

業界から探す

条件から探す

絞り込み条件をクリア

絞り込み条件:

ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。