カテゴリ

アーカイブ

2020.06.20号 離型フィルムとは(カットシート)

2020.06.20

現在の読者数・20,282人
ご愛読ありがとうございます!
ついに2万人を突破しました!

 

離型フィルムとは(カットシート)

一般的にはあまり耳にすることがない
「離型フィルム」。

ところが工業用のかなり重要な
フィルムとして活躍しています。

例えば、液晶パネルは、樹脂層やガラス層などが
何枚も重ねられ、それらの層の多くは接着剤で
接着させられています。

接着剤が塗布されている面を使用直前まで
カバーしているのが「離型フィルム」です。

イメージを簡単に言えば、ステッカーの
接着面に貼られている、あの捨ててしまう
ほうのものの役割です。

(ただし、ステッカーの場合は「離型紙」です)

離型フィルムは、片面にシリコーン樹脂を
塗布することにより、接着剤の乾燥や変質を
防ぎ、使用時には速やかに剥離させることが
できます。

また、電子部品の製造でも、さまざまな場面で
使用されており、基盤などの粘着部分への
使用のほか、圧着する場面で下敷き的に使われるなど、
用途も増加しています。

当社はその中でも交差0~0.5ミリ以内に
正確に寸法出しした離型フィルムのカットシートを
生産しており、ますます製造数量は増加しています。

離型フィルム(カットシート)のページはこちら
http://www.finepack.co.jp/product/PETfilm.html

 

フィリピン・マニラ封鎖の影響について(7)

フィリピンの都市封鎖ですが、
経済面の影響の大きさから、徐々に
緩和されています。

ショッピングモールなど販売店は
再開店しましたし、レストランも
テイクアウトのみの扱いから、
席の30%までの人数なら屋内で
飲食可能となりました。

しかし、交通量の規制があり、とりわけ
庶民の足であるジープニーが運行されない
ため、バスが大混雑、バス停には
長蛇の列となっており、逆に
密集になる場合もあるようです。

ただ、製造業はかなり稼働率を
あげており、すでにフル生産に
戻っている企業も出てきました。

 

++++++++++++++++++++++

 

◇「いつか使える」情報のコーナー

「ロックダウン」について

緊急事態により、建物やエリアへの
出入りが自由にできない状況をいう。
日本語の辞書には記載がなく、
現在のところ定義がない

※ウイキペディアより引用

メルマガバックナンバーはこちら
http://www.housougijutsu.net/backnumber/

 

▼編集後記

先日、ある方とアフターコロナの
話になり、「地方の中小企業が
一番呑気な感じになってる」
という話になりました。

大企業や都心の企業などは、
今後も感染症は度々発生し、
今回同様に、社員が出社できない、
あるいは社内に感染者が出る、
などを想定し、組織変更を
行っているんだとか。

大きな転換期に来ているんですね。

製品を探すSEARCH

業界から探す

条件から探す

絞り込み条件をクリア

絞り込み条件:

ご指定の条件に該当する製品はございませんでした。